検索

患者インタビュー:偏頭痛

更新日:10月18日


タケルくん(愛知県小学1年生6歳)

偏頭痛 体重:18 kg

CBD使用歴1年


Q:マコトさん(父)に伺います。

まず6歳という年齢で偏頭痛が分かるものなのでしょうか?

小児科では一般的に2歳頃から偏頭痛というのがわかるようです。

タケルの場合は昨年の夏頃から”頭が痛い”と言いながら嘔吐するようになりました。幼稚園に通っていた5歳の時でした。初めは嘔吐の気持ちが悪いという感覚を、”頭が痛い”と表現しているのかなと思っていましたが、何回か繰り返すうちに夫婦で“これは本当に頭が痛くて、痛みが嘔吐に繋がっている”と考えるようになりました。

病院でCTを撮ってもらいましたが特に異常はなく、その検査結果を持って小児科へ行くと偏頭痛だと言われました。実は奥さん(タケルの母)も偏頭痛持ちで、生理の前後に寝込むくらいの頭痛と嘔吐があります。もしかしたら奥さんと体質が似たのかもしれません。


Q:タケルくんの偏頭痛の症状について詳しく教えて頂けますか? 基本的にパターンがあります。

平日、幼稚園に通い緊張している交感神経優位の間はあまり出ないんです。

家に帰ってちょっとホッとしてダラ〜とテレビ見てたりすると頭が痛くなります。

週末遊び過ぎてしまうと次の日に疲れが残ってるのか、月曜日や火曜日に偏頭痛の症状が出ることが多かった印象です。

軽いときはひと眠りしたら治ります。重いときは夜中に痛みで起きることがあります。痛みが落ち着くと寝るのですが、翌朝になってもまだ少し痛みがあります。

体操教室に通っていましたが偏頭痛が始まりストレスになっていたので体調優先ということで辞めました。近所の友達と1日中外にいるような遊び方もやめました。

4年間は家で育てていたので、幼稚園には中途で入園しました。集団生活に対して最初馴染めなかったり、家での生活とのギャップも、頭痛の原因としてあったかもしれません。また暑さに対してすごく敏感というかあまり汗をかかないというか。水分が足りていなかったことによる脱水からの頭痛はあったのかなと、今になって思っています。


Q:小児科ではどのような治療を? 痛み止めのみですね。アセトアミノフェンという痛み止めを”痛くなったら飲んでね”、と言って渡されただけで、飲んでも効果はなかったです。気休めですね。痛くなり始めたら寝るしかなかったです。偏頭痛の頻度が下がらないようであれば、毎日服用するような予防薬が色々あるのでそれを何種類か試していくという治療になります。それが最後の砦というか。それにはなりたくないな、と思ったんです。


Q:CBDを知ったきっかけについて教えてください もともとCBDは奥さんの偏頭痛に使っていました。1年半くらい前だったかな。

これまでいろいろ施術したり鍼や鉄分摂ったり寝たりと試行錯誤を繰り返したけれどどれもダメで、もうしょうがないなとなったときにCBDを知って、試してみたら3ヶ月後から効き始めて、パッタリなくなったんです。

CBDを知ったのはもともと三宅洋平さんが好きで三宅商店をチェックしていました。その三宅商店にあるCBDの解説がかなり詳しく出ていて、文言が魅力的で。

でもまぁどうせ効かないだろうなみたいな感じでしたが、それが本当にパッタリなくなったのでCBD(3%)は朝1滴コーヒーやお茶に垂らしたりして飲んでいました。


Q:タケルくんの場合はCBDを始めてからどのくらいの期間で効果が現れましたか? 7ヶ月くらいかかりました。

奥さんの偏頭痛に効果があることが分かっていたので、みどりのわのプロジェクトに参加する前に、小児科で偏頭痛の診断を受けた頃から自分たちで購入したCBDを使用し始めました。

Pharma Hempのフルスペクトラムで1番自分が安全で効果があると思っているオーガニックのものを試してみましたが全然効き目がありませんでした。(※使用量は25 mg/day)

子供のことですし、頻度も月に2〜3回ありましたので深刻に考えるようになりました。軽い時は寝れば治るんですが、酷いときは嘔吐しひと眠りしてもまた続くという状態だったので、正高先生に相談したくてメールしたんです。

みどりのわに参加するというよりも、正高先生に聞いてもらいたい、という気持ちでした。正高先生のことはCBDのことを調べていた時期にYouTubeを見ていたので知っていましたね。それで今年の3月頃だったかな、みどりのわに参加させてもらいました。

効き始めたのが6月か7月だったと思います。頻度がガタっと減ったのが6月頃。それまでは全くだったんです。

正高先生に体重(18kg)を伝えて0.3 ml(60 mg/day)くらいから始めました。効果がなくどんどん増やしていって0.75ml(150 mg/day)までいったときに頻度が減りました。

Q:タケルくんが初めてCBDを服用したときの様子や摂取について教えてください 最初は何種類か味付きのものを試してみましたが嫌がりました。

Pharma Hempのオリーブオイルタイプとシード(種)タイプの2種類の味があって、種のほうは苦味が少なくてちょっと香ばしい味なのでそれは全然拒否がなかったかな。

みどりのわから送ってもらっているものはオーガニックのココナッツオイルで溶かしているので全く拒否はないです。

舌下に朝食前と夕食後か寝る前、それぞれ0.75ml(300 mg/day)です。

予防も含めて毎日服用しています。CBDは痛みを予防する以外に免疫力を高めたり精神的に落ち着いたり抗がん作用があるというのもあって飲ませています。

Q:偏頭痛の頻度が減ったということですが、いまは無い状態ですか? 極端に疲れると出ますね。先月は1回ありました。

嘔吐までなると飲み物も入らないのでもう休むしかありません。

体がちょっと休みなさいっていうサインを出してるんだなという感じで。

CBDで全く消失したという感じではなく、ある程度頻度が抑えられている状態。生活習慣とか水分補給や栄養というのがちゃんと整えばたぶん出ないんです。

だけどそんな風に毎日送るのは難しいので、運動会の練習すると疲れるしどこか旅行に行ってはしゃぐとそういうタイミングで出やすくなるので、休んだり水分ちゃんと摂ったりということもCBD以外に気をつけています。


Q:ちなみに奥さまの偏頭痛の症状はもう落ち着いてらっしゃるのですか? そうですね。奥さんが寝込んでしまうと僕が絶対に仕事休まないといけなかったんです。誰の手も借りれなかったのでほぼ毎月のように職場の人に残業をお願いするのがとてもストレスでした。

毎月寝込む奥さんに対して優しくなれない自分もいて、余裕がなくて大変でした。

今はボーッとするというのはありますが、もう寝込んだり吐くまでの偏頭痛はないんじゃないのかな。あれだけあったのに。


Q:CBDを使用する中で悩んでいることや困ったことはありますか? ないですね。ただ毎月のお金はかかってしまうので…それぐらいかな。

いつまで続けようかな、とか。自己管理が出来てくるようになったら手放せるのかな、とかぼんやり思っています。

Q:今日はありがとうございました。

最後にみどりのわへのご意見や何かありましたらお気持ちを聞かせてください。 みどりのわに対しては、ありがとうございます、としか言いようがなくて。

子供の体調不良以上に辛いことなんてこの世にないんじゃないかなって思うんです。

一時期は毎日本当に自分自身も暗かったし、調べても調べても出口がなくて。

みどりのわにコンタクトを取ったときは藁をもすがる思いでした。本当に話が早くてすぐに対応してもらえたことがとても救いでした。もっと大変な難治性てんかんの子供たちがいる中で、タケルのために偏頭痛のためにっていうのがすごく嬉しかった。

生活の質って、偏頭痛の頻度が少し下がるだけで格段に上がります。僕らの気持ちも全然違います。本当に感謝ですね。出来ることがあれば何でもサポートしていきたいと思ってます。 最後に、僕らが子供の偏頭痛に向き合っているなかで分かったことがあります。

まずずっと不思議に思っていたことですが、奥さんの偏頭痛がなくなったら、まるでバトンを渡したかのように子供の偏頭痛が始まったんです。

身体的な問題だけではなく精神的な問題ももちろんあるんだろうな、というのは思いましたが、それが何なのかその時は分かりませんでした。

今になってはっきりしているのは、夫婦がちゃんと仲良いかどうか、その子供を取り巻く大人の環境が平穏であるかどうか、ということです。大人が持ち帰っているストレスを子供は感じているんだと思います。見えないものが見えているというか。

夫婦で揉めたりすると、次の日かその次の日くらいに子供の体調がおかしくなったりすることが多くて。だから、大人の生き方とか心の持ちようとか、子供がというよりまずは僕らなんだなっていうのは思います。

閲覧数:389回0件のコメント

最新記事

すべて表示